木造住宅の耐震改修にタオレンジャー 地震から家を守る耐震収納家具

  • 会社案内
  • 耐震改修が必要な木造住宅に、壁付け施工の耐震工法で地震から家を守る耐震収納家具タオレンジャー。簡易耐震診断でお家の耐震チェックが出来ます。
  • Q&A
  • 文字サイズ

タオレンジャーのこだわり

タオレンジャーのこだわり

タオレンジャーは、地震から木造住宅の倒壊を守るための耐震補強用収納家具です。
これまでの耐震補強器具などと同じ機能を持ち、尚且つ収納家具としての機能を持つ、今までにない新しい耐震商品です。

家も家具も倒さない。

タオレンジャーは設置壁面の壁材を撤去し、家屋を構造する柱へ収納家具を留め付けていきます。

□縦揺れによる「柱の抜け」を防止
柱の上下に金物を取り付け
□柱を補強
添え柱の取り付け
□耐力アップ
収納ユニットの取り付け

 

通常の壁面収納やタンス等の収納家具は、床・壁への固定か突っ張りポール等で天井へ向けて突っ張ることで家具自身の転倒を防ぎます。
しかし、これだけでは地震時に家屋に歪みが生じた場合、その転倒を防ぐことは出来ません。

やじるし
このことで、設置壁面が強くなり、家屋の倒壊防止が可能となります。さらには、構造体に固定された家具は転倒の心配もありません。
やじるし
 
和室の壁面が耐力不足
  押入れ・仏壇で耐震補強
 
家が地震に堪えられるかどうかは、壁面の耐力やバランスが基準を満たしているかどうかで判断できます。一軒の家でもキッチンの壁や書斎の壁など、それぞれの耐力不足の壁にタオレンジャーを設置する事で家全体を守ることに繋がります。壁を全て改修するのではなく、必要な場所に必要な収納やボードを設置するので、分かりやすくコストもクリアに。それが、「タオレンジャー」の見える耐震改修です。
 
キッチンの壁面が耐力不足
  カップボード・キッチンで耐震補強
リビングの壁面が耐力不足
  テレビボード・リビングボードで耐震補強
玄関の壁面が耐力不足
  下足棚・シューズクロークで
  耐震補強
洗面室の壁面が耐力不足
  洗面化粧台で耐震補強
コーディネート例と組み合わせラインアップ

HOME > TAORENGERについて > タオレンジャーの具体策

耐震改修が必要な木造住宅に、壁付け施工の耐震工法で地震から家を守る耐震収納家具タオレンジャー。簡易耐震診断でお家の耐震チェックが出来ます。
プライバシーポリシー